液晶プロジェクターについて



液晶プロジェクターは、パソコンのRGB信号対応の製品が急速にシェアを伸ばし、このところ国内メーカーによる新製品の発表が相次いでいます。現在、国内メーカーだけでもOEMを含めて20社以上が参入して激しい開発、販売競争を繰り広げています。 今後、年間数万台の規模で出荷が続くと見られ、スライドプロジェクター、OHPに取って代わることが予想されています。価格は、後述する標準的なスペックの製品で30〜100万円ほどです。 液晶プロジェクターは電子OHPと異なり光源を内蔵しています。光源からの光はダイクロイックミラーにより、RGB3原色に分離され各々の液晶パネルを透過後、再びダイクロイックミラーにより合成されてプロジェクションレンズから投影されます。このため、従来の三管式プロジェクターの様に設置時にコンバージェンス調整の必要もなく、地磁気の影響も受けません。

液晶プロジェクターの構造例

液晶プロジェクターのメリットは次の様な点です。

・ スライド、OHPの様にフィルムを作る必要がない。
・ 輝度が高く、明るい部屋でも投影出来る。
・ パソコンの動画データを表示出来る。
・ インタラクティブなプレゼンテーションが出来る。
・ プレゼンテーション内容の変更が容易である。
・ ビデオ映像も投影出来る。
・ 小型、軽量である。
・ 設置、調整が容易である。

液晶プロジェクターの用途は、ビジネスプレゼンテーション用としては、社内会議、セールスプロモーション、社内教育、
トレーニング、電子会議での画面投影など、 その他の用途としては、店舗 ショールームでの販促、教育現場での画面投影、展示会 イベントの集客用などがあります。

液晶プロジェクター選択のポイントは、

・ パソコンとの対応(画素数、水平同期周波数など)
・ 投影画面の明るさ、均一性、色再現性
・ リモコン、ポインティングツール等の操作性
・ 重量、携帯性
・ 価格

等です。

現在主流である30〜100万円ほどの液晶プロジェクターの標準的な仕様は次の通りです。

・ 液晶パネル ポリシリコン
・ 画素数   800 X 600ドット(SVGA)、1024 X 768ドット(XGA)または、1280 X 1024(SXGA)
・ 駆動方式  TFTアクティブマトリクス
・ 入力信号  RGB、コンポジット、S、コンポーネントほか
・ 光出力   1000〜3800ルーメン前後
・ 光源    メタルハライドランプまたは、UHPランプ
・ 画面サイズ 20〜200インチ
・ 重量    2〜10Kg前後

光出力については、米国国家規格協会に準ずる測定値であるANSIルーメン表示が標準になっています。

その他、各社製品の個別な特長としては

・ メモリーカードによるプレゼン機能
・ 縦横台形ひずみ補正機能
・ ネットワーク対応機能
・ ピクチャインピクチャ機能
・ リモコンによるマウス代わりのポインティング機能
・ 画面の上下移動機能
・ 部分拡大機能
・ 画面のフリーズ機能
・ RS-232Cによる外部制御
・ 書画カメラ兼用機能
・ 超軽量(2.2Kg)、低価格(30万円)

等があります。

最近の傾向としては、液晶パネルについてはポリシリコンタイプが増えて来ました。 これは、従来のアモルファスタイプに比べ小型、高解像度化出来る、応答速度が速いなどのメリットがあるため多くのメーカーが採用しています。 また投影画面の明るさについても、ランプ、光学系の改良により明室使用も出来るほどになって来ました。現状では多少部屋の照度を落とした程度での使用が望ましいのですが、これはまた画面への注目度を増す意味でも効果的です。大会場でも使えるハイパワー機種では、3,000ルーメン以上の光出力が得られる製品もあります。このクラスでは、300インチ以上のサイズで投影しても十分な照度が得られます。 カタログのスペックについては、各社表示方法が異なる場合が多いですが、単にハイスペックに惑わされず、出来ればショールームなどで実際のデータを持ち込んで投影してみると良いでしょう。しかし、製品毎の比較となるとなかなか容易ではありませんが、レンタル会社などでは各社プロジェクターの比較投影会(シュートアウト)を行うこともあり、おおいに参考になります。

投影するスクリーンについても導入に際しては十分に検討する必要があります。一般的に使われている樹脂性のホワイトスクリーンの他に、ビーズスクリーン、アルミ蒸着スクリーンなどがあり、後者ほど明るくコントラストの高い画面が得られます(スクリーンゲインが高い)が、指向性が強くなり角度がつくと見にくくなります。 サイズは60〜100インチほどが一般的で、巻上げ式と固定式があります。変わったところでは、液晶プロジェクター本体との携帯性を考えて、分解するとB4サイズに収納出来るスクリーンもあります。







03-3769-1235

(株)カラーマーキング ファクトリー


お問い合わせはこちらへ

お問い合わせの際は、お名前、電話番号をご記入下さい。





[液晶プロジェクタープレゼンツールご購入案内イベント情報コンサルティングセミナー案内スライド出力ポスター出力料金表マルチメディアホームページ制作What is CMFスライドギャラリーBOOKSDTPRとは日刊工業記事サンプルスライド会社案内コーヒーブレーク]