View of latest HOME USE DLP Projector











三菱電機 LVP-HC8000D

  • 1チップDMD方式(0.65インチ)
  • 解像度:1920×1080ドット
  • ランプ:240W
  • 明るさ:1200ANSI ルーメン
  • コントラスト比:330,000:1
  • 外形寸法:396(W)×328(D)×142(H)mm
  • 重量:5.7kg
  • 定価:オープン
  • 発売日:2012年12月上旬



三菱電機 LVP-HC7900DW

  • 1チップDMD方式(0.65インチ)
  • 解像度:1920×1080ドット
  • ランプ:240W
  • 明るさ:1400ANSI ルーメン
  • コントラスト比:150,000:1
  • 外形寸法:396(W)×328(D)×142(H)mm
  • 重量:5.7kg
  • 定価:オープン
  • 発売日:2012年10月上旬



SHARP XV-Z30000

  • 1チップDMD方式(0.65インチ)
  • 解像度:1920×1080ドット
  • ランプ:250W
  • 明るさ:1600ANSI ルーメン
  • コントラスト比:50,000:1
  • 外形寸法:405(W)×406.5(D)×114.5(H)mm
  • 重量:7.3kg
  • 定価:オープン
  • 発売日:2012年5月25日



オプトマ HD83S1

  • 1チップDMD方式(0.65インチ)
  • 解像度:1920×1080ドット
  • ランプ:230W UHPランプ
  • 明るさ:1800ANSI ルーメン
  • コントラスト比:10,000:1
  • 外形寸法:378.7(W)×312.8(D)×129(H)mm
  • 重量:4.5kg
  • 定価:オープン
  • 発売日:2011年12月1日
  • 3D対応可能『3Dメガネ「ZD201」付属』



オプトマ HD83S1

  • 1チップDMD方式(0.65インチ)
  • 解像度:1920×1080ドット
  • ランプ:280W UHPランプ
  • 明るさ:1600ANSI ルーメン
  • コントラスト比:50,000:1
  • 外形寸法:370.9(W)×498.6(D)×199(H)mm
  • 重量:8.4kg
  • 定価:オープン
  • 発売日:2011年12月1日
  • 3D対応可能『3Dメガネ「ZD201」付属』



三菱電機 LVP-HC7800D、LVP-HC7800DW

  • 1チップDMD方式(0.65インチ)
  • 解像度:1920×1080ドット
  • ランプ:240W UHPランプ
  • 明るさ:1500ANSI ルーメン
  • コントラスト比:100,000:1
  • 外形寸法:396(W)×328(D)×142(H)mm
  • 重量:5.6kg
  • 定価:オープン
  • 発売日:2011年12月上旬    



SHARP XV-Z17000

  • 1チップDMD方式(0.65インチ)
  • 解像度:1920×1080ドット
  • ランプ:250W UHPランプ
  • 明るさ:1600ANSI ルーメン
  • コントラスト比:40,000:1
  • 外形寸法:400(W)×335(D)×100(H)mm
  • 重量:5.8kg
  • 定価:オープン
  • 発売日:2011年8月    



三菱電機 LVP-HC4000

  • 1チップDMD方式(0.65インチ)
  • 解像度:1920×1080ドット
  • ランプ:230W UHPランプ
  • 明るさ:1200ANSI ルーメン
  • コントラスト比:3300:1
  • 外形寸法:345(W)×270(D)×129(H)mm
  • 重量:3.6kg
  • 定価:オープン
  • 発売日:2010年9月27日    



三菱電機 LVP-HC3800

  • 1チップDMD方式(0.65インチ)
  • 解像度:1920×1080ドット
  • ランプ:230W UHPランプ
  • 明るさ:1200ANSI ルーメン
  • コントラスト比:3000:1
  • 外形寸法:345(W)×270(D)×129(H)mm
  • 重量:3.5kg
  • 定価:オープン
  • 発売日:2009年11月20日



オプトマ DV11

  • 1チップDMD方式(0.55インチ)
  • 解像度:800×600ドット
  • ランプ:180W UHPランプ
  • 明るさ:1500ANSI ルーメン
  • コントラスト比:2200:1
  • 外形寸法:380(W)×274(D)×123(H) mm
  • 重量:3.8kg
  • 定価:オープン
  • 発売日:2007年8月1日



オプトマ HD803

  • 1チップDMD方式(0.95インチ)
  • 解像度:1920×1080ドット
  • ランプ:300W UHPランプ
  • 明るさ:1200ANSI ルーメン
  • コントラスト比:8000:1
  • 外形寸法:411(W)×311(D)×116(H) mm
  • 重量:4.7kg
  • 定価:475,000円
  • 発売日:2008年2月18日



オプトマ HD72i

  • 1チップDMD方式(0.65インチ)
  • 解像度:1280×768
  • ランプ:220W UHPランプ
  • 明るさ:1300ANSI ルーメン
  • コントラスト比:5000:1
  • 外形寸法:347(W)×245(D)×94(H) mm
  • 重量:3.1kg
  • 定価:380,000円



東芝 ET20-200

  • 1チップDMD方式(0.55インチ)
  • 解像度:854×480
  • ランプ:230W UHPランプ
  • 明るさ:1100ANSI ルーメン
  • コントラスト比:2000:1
  • 外形寸法:344(W)×322(D)×155(H) mm
  • 重量:5kg
  • 定価:オープン



オプトマ HD81

  • 1チップDMD方式(0.95インチ)
  • 解像度:1920×1080
  • ランプ:300W UHPランプ
  • 明るさ:1300ANSI ルーメン
  • コントラスト比:12000:1
  • 外形寸法:411(W)×285(D)×50(H) mm(プロジェクション部)
  • 重量:4.5kg(プロジェクション)、4.1kg(ビデオプロセッサー)
  • 定価:950,000円
  • 発売日:2006年10月19日



三菱 LVP-HC3100、LVP-HC1100

LVP-HC3100

  • 1チップDMD方式(0.65インチ)
  • 解像度:1280×768
  • ランプ:200W UHPランプ
  • 明るさ:1000ANSI ルーメン
  • コントラスト比:4500:1
  • 外形寸法:310(W)×245(D)×100(H) mm
  • 重量:3.0kg
  • 定価:オープン
  • 発売日:2006年9月8日

LVP-HC1100

  • 1チップDMD方式(0.62インチ)
  • 解像度:1280×720
  • ランプ:200W UHPランプ
  • 明るさ:1000ANSI ルーメン
  • コントラスト比:3000:1
  • 外形寸法:310(W)×245(D)×100(H) mm
  • 重量:3.0kg
  • 定価:オープン
  • 発売日:2006年8月25日



SHARP XV-Z21000

  • 1チップDMD方式(0.95インチ)
  • 解像度:1920×1080
  • ランプ:220W UHPランプ
  • 明るさ:1000ANSI ルーメン
  • コントラスト比:12000:1
  • 外形寸法:475(W)×410.2(D)×172.5(H) mm
  • 重量:9.5kg
  • 定価:1,250,000円
  • 発売日:2006年10月1日



SHARP XV-Z3000、DT-100J

XV-Z3000

  • 1チップDMD方式(0.65インチ)
  • 解像度:1280×768
  • ランプ:275W UHPランプ
  • 明るさ:1200ANSI ルーメン
  • コントラスト比:6500:1
  • 外形寸法:315(W)×280(D)×109(H) mm
  • 重量:4.0kg
  • 定価:328,000円
  • 発売日:2006年4月21日

DT-100J

  • 1チップDMD方式(0.53インチ)
  • 解像度:854×480
  • ランプ:275W UHPランプ
  • 明るさ:1000ANSI ルーメン
  • コントラスト比:2500:1
  • 外形寸法:315(W)×280(D)×109(H) mm
  • 重量:3.9kg
  • 定価:169,800円
  • 発売日:2006年4月21日



マランツ VP8600

  • 1チップDMD方式
  • 解像度:1280×720
  • ランプ:200W OSRAM VIP
  • 明るさ:800ANSI ルーメン
  • コントラスト比:2500:1
  • 外形寸法:435(W)×385(D)×190(H) mm
  • 重量:12 kg
  • 定価:500,000円
  • 発売日:2005年12月



三菱電機 LVP-HC3000、LVP-HC910



LVP-HC3000

  • 1チップDMD方式(0.65インチ)
  • 解像度:1280×768
  • ランプ:200ワット UHPランプ
  • 明るさ:1000ANSI ルーメン
  • コントラスト比:4000:1
  • 外形寸法:310(W)×245(D)×100(H) mm
  • 重量:3.0kg
  • 定価:380,000円
LVP-HC910
  • 1チップDMD方式(0.65インチ)
  • 解像度:1024×576
  • ランプ:200ワット UHPランプ
  • 明るさ:1000ANSI ルーメン
  • コントラスト比:4000:1
  • 外形寸法:310(W)×245(D)×100(H) mm
  • 重量:3.0kg
  • 定価:280,000円



BenQ PE872

  • 1チップDMD方式
  • 解像度:1280×720
  • ランプ:250ワット UHPランプ
  • 明るさ:1000ANSI ルーメン
  • コントラスト比:10000:1
  • 外形寸法:492(W)×393(D)×195(H) mm
  • 重量:約9kg
  • 定価:660,000円
  • 発売日:2005年10月初旬



ヘビームーン F3 SX+、F3 XGA

  • 1チップDMD方式
  • 解像度:1400×1050(1024×768)ドット
  • ランプ:250ワット UHPランプ ×2
  • 明るさ:1000〜5000ANSI ルーメン
  • コントラスト比:1200〜7500:1
  • 外形寸法:510(W)×376(D)×223(H) mm
  • 重量:12.6kg
  • 定価:2,500,000(1,800,000)円
  • 2005年6月17日
  • ( )内は、F3 XGA



Ben-Q PE7700

  • 0.8 インチ 1チップDMD方式
  • 解像度:921,600画素 1280×720ドット
  • ランプ:250ワット UHPランプ
  • 明るさ:1100ANSI ルーメン
  • コントラスト比:2500:1
  • 外形寸法:380(W)×300(D)×115(H) mm
  • 重量:5.5 kg
  • 定価:498,000円
  • 2005年6月17日



東芝 TDP-MT700(J)

東芝からDLP方式のホームシアター機が発表されました。同社では以前からTDP-MT8Jというハイビジョン対応機を販売していましたが、米国メーカーのOEM製品で価格も898,000円ということで、一部のマニアの評価は高かったもののあまり注目はされていませんでした。
このTDP-MT700(J)は、シャープのXV-Z2000同様1280X720のHD2+パネルが使われ、ハイビジョン対応機としては画期的な低価格となっています。特長としては、ファロージャ社の高画質輪郭補正回路「DCDi」を搭載、デジタル信号をダイレクトに接続することができるAV機器向けの新しい規格HDMI端子を装備、またコンポーネント入力もRCA、BNCの2系統を備えています。レンズシフトはありませんが、1.3倍ズームレンズにより100インチワイドスクリーンに2.92mの距離から投影出来ます。実売価格はシャープXV-Z2000を大幅に下回ると見られますが、ホイールの詳細などが発表されていないのが気になるところです。
  • 1チップDMD方式(0.8インチ)
  • 解像度:921,600画素 1280×720
  • 明るさ:1000ANSIルーメン
  • ランプ:250W UHPランプ
  • コントラスト比:2400:1
  • 外形寸法:366(W)×311(D)×136(H) mm  
  • 重量:5.7 kg
  • 定価:オープン
  • 発売:2005年5月10日



オプトマ H27

  • 1チップDMD方式(0.5インチ)
  • 解像度:409,920画素 854×480
  • 明るさ:850 ANSIルーメン
  • ランプ:200W UHPランプ
  • コントラスト比:2300:1
  • 外形寸法:265(W)×237(D)×105(H) mm  
  • 重量:2.4 kg
  • 定価:248,000円
  • 発売:2005年4月1日



SHARP XV-Z2000

最近のシアター用プロジェクターは安価な液晶方式に人気が集中していますが、確かに10万円台の製品でも1280X720画素のパネルにアイリス機構を設けてハイビジョン放送も良好な画質で見ることが出来ます。これに対してDLP陣営は、高級機種には1280X720画素のパネルが使われていましたが、安価な製品では1024X576、あるいはXGA、SVGAのパネルが使われていていました。このシャープXV-Z2000では50万円を切る価格ながら1280X720画素のHD2+パネルが採用されコストパフォーマンスの良い製品になっています。また従来のHD2+機はかなり大型でしたが液晶機なみに小型軽量に作られていて1.5倍電動ズーム、フォーカス機能と相まって設置も容易です。明るさは1200ANSIルーメン、コントラスト比は2500:1で多少明るい部屋でも使えそうです。ただ、ランプが275Wとかなりのハイパワーなので放熱によるファンノイズがどんなものか気になります。Z200で採用されていたレンズシフト機能はありませんが、縦横の台形歪み補正が備えられています。カラーホイールはプライマリーカラーの5倍速を採用していて、ダークグリーン部はありません。
年末には先行した液晶御三家(御四家?)に対して、本機、三菱のLVP-HC900J、NECビューテクノロジーのHT1100JKなどが競合するのでしょうが、本機はDLPの高級機種には一歩届かなかった人には朗報かも知れません。
  • 1チップDMD方式(0.8インチ)
  • 解像度:921,600画素 1280×720
  • 明るさ:1200 ANSIルーメン
  • ランプ:275W UHPランプ
  • コントラスト比:2500:1
  • 外形寸法:310(W)×282(D)×89(H) mm  
  • 重量:約4.3 kg
  • 定価:498,000円
  • 発売:2004年12月10日



YAMAHA DPX-1200

  • 1チップDMD方式(0.8インチ)
  • 解像度:921,600画素 1280×720
  • 明るさ:800 ANSIルーメン
  • ランプ:270W SHPランプ
  • コントラスト比:5000:1
  • 外形寸法:495(W)×465.4(D)×192.6(H) mm  
  • 重量:13.8 kg
  • 定価:オープン
  • 発売:2004年12月下旬



日本ヒューレットパッカード HP ep7122、HP ep7112、HP ep9012



ep7122、ep7112
  • 1チップDMD方式
  • 解像度:786,432画素 1024×768
          (480,000画素 800×600)
  • 明るさ:1020(840)ANSIルーメン
  • ランプ:210W UHPランプ
  • コントラスト比:1600:1
  • 外形寸法:386(W)×205(D)×365(H) mm  
  • 重量:約5.7 kg
  • 定価:オープン
  • 発売:2004年11月12日 ( )内は、ep7112
ep9012
  • 1チップDMD方式
  • 解像度:480,000画素 800×600
  • 明るさ:840ANSIルーメン
  • ランプ:210W UHPランプ
  • コントラスト比:1600:1
  • 外形寸法:524(W)×320(D)×400(H) mm  
  • 重量:約10 kg
  • 定価:オープン
  • 発売:2004年12月中旬



三菱 LVP-HC900J

三菱のLVP-HC900JはミドルレンジのDLPシアター機としては初の電動アイリス機構を搭載して、オールガラスのレンズを採用した光学系と相まって4000:1の高コントラスト比を実現しています。最近は液晶方式でも2000:1のコントラスト比の製品もありますが、原理上DLP機の方が有利な上、アイリス機構の採用により更に改善されています。
明るさはカラーホイールの1セグメントをホワイトにすることにより、1400ANSIルーメンの高輝度となっていますが、シネマモード時はホワイトを省きコントラスト比を向上させています。ランプは温度制御、点灯タイミングの最適化により最大4000時間の長寿命となっています。解像度は1024X576で、12度振れ角の0.65インチ新型DMDチップを採用しています。レンズシフトはついておらず、最近の液晶機は必ずといって良いほど搭載しているのでちょっと残念です。
ミドルクラスのDLP機は他社からの発表もあると思いますが、液晶方式もコントラスト比2000:1以上の製品発表も予定され、ますます購入に迷うところです。

  • 1チップDMD方式(0.65インチ)
  • 解像度:589,824画素(1024×576)
  • 明るさ:1400ANSIルーメン
  • ランプ:250W UHPランプ
  • コントラスト比:4000:1
  • 外形寸法:413(W)×353(D)×100(H) mm  
  • 重量:3.0 kg
  • 定価:350,000円
  • 発売:2004年10月25日



YAMAHA DPX-1100

ヤマハのDPX-1100は、「HD2+」DMDパネルを採用し4000:1の高コントラスト比を実現したハイスペック機です。NDフィルターのついたグリーンセグメント付の7分割ホイールを採用して階調表現を高めています。また、高解像度大口径1.6倍ズームレンズ(異常分散ガラス使用)、電動式光学絞り(アイリス3段階切換え)などの採用により従来機以上にフィルムライクな画質が得られます。
次世代のデジタルAVインターフェース規格であるHDMIコネクタを装備し、同出力コネクタを装備したDVDプレイヤー等からダイレクト入力が可能です。また、多彩なカラー調整機能を持ち、ランプパワーも多段階に切換えられます。
HD2+パネル採用機が出揃ってきましたが、本機はその中でもハイエンド機として位置付けられる製品です。

  • 1チップDMD方式(0.8インチHD2+)
  • 解像度:921,600画素(1280×720)
  • 明るさ:800ANSIルーメン
  • ランプ:270W SHPランプ
  • コントラスト比:4000:1
  • 外形寸法:495(W)×465.4(D)×192.6(H) mm  
  • 重量:13.8 kg
  • 定価:オープン
  • 発売:2004年4月上旬



NECビューテクノロジー HT1100J

NECビューテクノロジーのHT1100は従来機HT1000の後継機で、3500:1の高コントラスト比を達成しています。アイリス調整範囲を広げる、人の目の特性を絵作りに取り入れた「Sweet Vision LSI」の採用、色再現性を向上させるとともにちらつきを防止させる「10ビットビデオデコーダLSI」の採用、6セグメントカラーホイールの採用などにより従来機を上回る高画質が得られます。
その他便利な機能として、55パターンの設定メモリー機能、フォーカス調整を容易にするテストパターンの投影機能、16:9投影の場合4:3の画角内で映像を上下にシフト出来るスクリーンポジション機能などがあります。 従来機HT1000は、ミドルクラス機としては抜群のスペックで圧倒的な人気があった製品でしたが、販売ルートが限られるなど販売店としては需要があるのに売れずヤキモキしたものです。HT1100についてはもう少しオープンに出荷して貰えると有り難いところです。

  • 1チップDMD方式(0.7インチ)
  • 解像度:786,432画素(1024×768)
  • 明るさ:1,100ANSIルーメン
  • ランプ:220W DCランプ
  • コントラスト比:3500:1
  • 外形寸法:260(W)×319(D)×120.5(H) mm
  • 重量:約3.2 kg
  • 定価:オープン
  • 発売:2004年2月20日



マランツ VP-10S1

ついに3板式ホームシアター用DLPプロジェクターVP-10S1が日本マランツより発表されました。従来業務用3板DLP機としては、NECビューテクノロジー、PANASONICの製品などがありますが、何れも5000ANSIルーメン以上の明るさの大会場用でした。ホームシアター用としては、他にバルコの製品も発表されていて、今後もいくつかの製品が発表されるものと思われます。
さて、このVP-10S1は、大きさ、重さは業務用に匹敵するもので、よほど大きな部屋でないと設置しにくそうですが、ホームシアター用としてハイエンドの製品であることに間違いはありません。
3板式のメリットは、単板式DLP機の欠点であるカラーブレ−キングノイズが原理上皆無であり、コントラストの高い、深みのある安定した映像が得られることです。
この製品では、RGBを各々14bit処理を行い16,384の階調表現が可能で、コントラスト比は3600:1となっています。投射レンズは3タイプ用意され、電動スーム、フォーカス、レンズシフト機能がついています。明るさは1200ANSIルーメン(ローパワー時1000ANSIルーメン)でシアター機としては高輝度です。画素数は1280X720ですが、今後、液晶、LCOSのようにフルHD対応となることが期待されます。
しかし、価格はあっと驚く350万円で、これも業務機なみですが、逆に業務機ではPANASONICのTH-D7500の様に100万円台後半で購入出来る製品もあり、こちらは高輝度なのでホールなどの大会場での使用に適しています。いよいよ3板式DLP機も用途による選択肢が増えてきました。

  • 3チップDMD方式(0.81インチ)
  • 解像度:821,600画素(1280×720)
  • 明るさ:1,200ANSIルーメン(Lowランプモード:1,000ANSI)
  • ランプ:250W P-VIPランプ
  • コントラスト比:3600:1
  • 外形寸法:510(W)×572(D)×325(H) mm
  • 重量:50kg
  • 定価:3,500,000円
  • 発売:2003年12月(受注生産)



三菱 LVP-D2010

三菱電機LVP-D2010は、最新のDMDチップHD2+を採用し光学系の最適設計と相まって、3600:1のコントラスト比を達成したプロジェクターです。
カラーホイールはダークグリーン部を設けた8分割タイプで、これにより暗部のノイズが軽減されています。
画質調整は、5段階の色温度調整、黒レベル補正により好みの画質を設定できます。ファンノイズはランプローパワー時23dBと殆ど気にならない値になっています。
HD2+チップを使った製品としては、マランツのVP-12S3、シャープのXV-X11000などがありますが、その中では定価898,000円と最も低価格に設定されています。
外観は四角い箱といった感じでお世辞にも良いデザインとは言えませんが、中身で勝負というところでしょうか。
画質的には、ハッキリ、クッキリのZ11000とフィルムライクな12S3の中間くらいに感じました。

  • 1チップDMD方式(0.81インチHD2+)
  • 解像度:821,600画素(1280×720)
  • 明るさ:700ANSIルーメン
  • ランプ:250W UHPランプ
  • コントラスト比:3600:1
  • 外形寸法:430(W)X307(D)X150(H) mm
  • 重量:7.8 kg
  • 定価:898,000円
  • 発売:2003年11月下旬



SHARP XV-Z200

シャープからXV-Z90の後継機XV-Z200が発表されました。Z90はパネル解像度は800X600画素でシアター用途には不向きでしたが、Z200では1024X576画素のワイドDMDチップ「マッターホルン」を採用して525Pワイド映像を鮮明に投影出来ます。
また、大容量210WACランプ、6セグメント5倍速カラーホイールの採用により高輝度、高コントラストでカラーブレ−キングを感じさせない画像を作り出しています。
その他、レンズシフト機能、短焦点レンズ(最短2.6mで100インチ投影)、2D台形歪補正機能を搭載しています。
インターフェースは、コピープロテクション信号(HDCP)に対応の「DVI-I」端子を搭載していて、HTPCでの利用にも最適です。

  • 1チップDMD方式(0.6インチ)
  • 解像度:589,824画素 (1024 X 576)
  • 明るさ:700ANSIルーメン
  • ランプ:210W ACランプ
  • コントラスト比: 1800:1
  • 外形寸法:368(W)X327(D)X154(H) mm
  • 重量:約4.6 Kg
  • 定価:460,000円
  • 発売:2003年12月15日



SHARP XV-Z11000

シャープからXV-Z10000の後継機Z11000が発売されました。0.8インチのDMD HD2+チップが採用され、高コントラスト光学エンジンおよび2ヶ所の電動アイリス機能を備え、明るさ900ANSI時でコントラスト比1700:1、450ANSI時で3200:1、そして350ANSI時に5500:1を実現しています。これはリモコンからの切換えも可能です。
また光源からの光が赤のカラーホイールを透過する時にランプ光量を増す「パルス重畳技術」により、RGB各色のバランスの良い色あいが得られています。カラーホイールは暗い緑のエリアを含む7セグメントタイプで緑色を10ビット処理することにより暗部の階調を向上させています。
このクラスの製品としては、マランツのVP-12S3がありますが実売価格では本機の方がかなり安くなりそうです。
この先、エプソンのフルHDパネルを使った液晶シアター機、3板式DLPシアター機も低価格(と言っても100万円台前半位か)での発売も予想され1チップDLP機の今後の動向は気になるところです。

  • 1チップDMD方式(0.8インチ)
  • 解像度:821,600画素(1280×720)
  • 明るさ:900ANSIルーメン
  • ランプ:270W SHP ランプ
  • コントラスト比: 5500:1(350ANSI時)
  • 外形寸法:475(W) X 406(D) X 178(H) mm
  • 重量:約9.4 Kg
  • 定価:980,000円
  • 発売:2003年11月1日



マランツ VP-12S3

  • 1チップDMD方式(0.81インチ HD2+)
  • 解像度:821,600画素(1280×720)
  • 明るさ:700ANSIルーメン(アイリスF5ポジション時:600ANSIルーメン)
  • ランプ:200W SHP ランプ
  • コントラスト比: 3800:1
  • 外形寸法:405(W) X 471(D) X 155(H) mm
  • 重量:13 Kg
  • 定価:1,200,00円
  • 発売:2003年11月上旬



オプトマジャパン Cine Show H30

オプトマの新製品Cine Show H30は、ヒット商品となったCine Show H56の下位機種となります。画素数は、H56の1024X768画素から800X480画素になっていますが、コントラスト比は2000:1と改善されています。
カラーホイールを6分割し、2倍のスピードで回す4倍速タイプの色分離機能により、カラーブレキングを減少させています。また独自のカラーコーティングを採用することで、全体の色純度を向上し、豊かな色空間を実現させています。映像モードは「フィルム」「ビデオ」「グラフィック」の3種類があり、RGBのゲインとバイアスの独立調整や色温度の調整、ホワイトピーキングなどの細かい調整が行えるようになっています。
明るさは800ANSIルーメンですがシアター用には十分な明るさです。

  • 1チップDMD方式(0.55インチ)
  • 解像度:384,000画素(800×480)
  • 明るさ:800ANSIルーメン(エコモード時600ANSIルーメン)
  • ランプ:180W P-VIP ランプ
  • コントラスト比: 2000:1
  • 外形寸法:271(W) X 212(D) X 87(H) mm
  • 重量:2 Kg
  • 定価:250,000円
  • 発売:2003年10月



NECビューテクノロジー HT1000

海外で高い評価を得ていたNECビューテクノロジーのHT1000が発表されました。それも1週間もしない内(5月20日)に発売されるとのことでびっくりされたシアターマニアの方も多いと思われます。
さてこのHT1000は、振れ角12度の0.7インチDMDチップを採用し、新型光学ユニットの採用により3000:1という驚異的なコントラスト比を得ています。新開発の10ビットデジタルビデオデコーダLSI、3次元Y/C分離回路の搭載により、高精細で鮮やかな映像を投影出来ます。また、独自の「SweetVision」機能搭載により、輝度があまり変わらず平面的な映像のコントラスト感を向上させることが可能です。16:9のワイド画面投影時は、上下方向に192画素分映像を移動出来ます。その他、低騒音設計、映像の歪を補正するSQUARE SHOT機能、短焦点レンズの採用などの特長があります。
シアターマニアからは羨望の的であったHT1000の発売となりますが、NECビューテクノロジーではチャネルを絞って販売するようで、値崩れを防ぐ意味合いも有るようです。

  • 1チップDMD方式(0.7インチ)
  • 解像度:1024 X 768
  • 明るさ:1000ANSIルーメン
  • ランプ:220W DC ランプ
  • コントラスト比: 3000:1(2000:1 アイリス開放時 )
  • 外形寸法:260(W) X 275(D) X 92(H) mm
  • 重量:3.2 Kg
  • 定価:598,000円
  • 発売:2003年5月20日



三菱 LVP-D1208

  • 1チップDMD方式(0.7インチ)
  • 解像度:1024 X 768
  • 明るさ:550ANSIルーメン
  • ランプ:220W NSHランプ
  • コントラスト比: 2000:1
  • 外形寸法:300(W) X 245(D) X 90(H) mm
  • 重量:3.4 Kg
  • 定価:498,000円
  • 発売:2003年3月24日



オプトマジャパン H56

  • 1チップDMD方式(0.7インチ)
  • 画素数:786,432画素 (1024×768ドット)
  • 明るさ:1000 ANSIルーメン
  • コントラスト比:1800:1
  • ランプ:200W UHP
  • 外形寸法:225 (W)×277 (D)×85 (H) mm
  • 重量:2.9 kg
  • 定価:498,000円(2003年1月24日発売)



YAMAHA DPX-1000

  • 1チップDMD方式(0.8インチ)
  • 画素数:821,600画素 (1280×720ドット)
  • 明るさ:800 ANSIルーメン(スタンダードモード)500 ANSIルーメン(シネマモード)
  • コントラスト比:2700:1(絞りON時 シネマモード)1500:1(絞り開放時 スタンダードモード)
  • ランプ:270W SHP
  • 外形寸法:495 (W)×465.4 (D)×189.5 (H) mm
  • 重量:13.8 kg
  • 定価:オープン(2002年12月下旬発売)



SHARP XV-Z10000

  • 1チップDMD方式(0.8インチ)
  • 画素数:821,600画素 (1280×720ドット)
  • 明るさ:500ANSIルーメン / 800 ANSIルーメン(ハイコントラストモード時)
  • コントラスト比:2600:1 / 1900:1(ハイコントラストモード時)
  • ランプ:250W UHP
  • 外形寸法:475 (W)×406 (D)×178 (H) mm
  • 重量:9.4 kg
  • 定価:980,000円(2002年12月2日発売)



東芝 TDP-MT8J

東芝からDLP方式のシアター用プロジェクターTDP-MT8Jが発表されました。傾斜角12度の新型DMDチップHD2を用いた製品で、コントラスト比は1400:1とされています。 ファロージャ製信号処理回路DCDiは改良型が搭載され、スケーラー機能、輝度、色の詳細な調整が出来ます。レンズはカールツァイス製1.4倍ズームを採用しています。他にも、RGB独立色温度設定など画質設定メニューは多彩で、入力はコンポーネント3系統、S端子2系統、コンポジット1系統、PC入力1系統と豊富です。
シャープXV-Z10000、マランツVP-12S2などと並び、マニア向けのDLP機となっています。

  • 1チップDMD方式(0.8インチ) 16:9
  • 画素数:821,600画素 (1280×720ドット)
  • 明るさ:1000 ANSIルーメン(ノーマルモード:800ANSIルーメン)
  • コントラスト比:1400:1
  • ランプ:250W UHP
  • 外形寸法:229 (W)×330 (D)×89 (H) mm
  • 重量:4 kg
  • 定価:898,000円(2002年11月下旬発売)



マランツ VP-12S2

  • 1チップDMD方式(0.81インチ)
  • 画素数:821,600画素 (1280×720ドット)
  • 明るさ:700 ANSIルーメン
  • コントラスト比:2600:1
  • ランプ:150W SHP
  • 外形寸法:405 (W)×470 (D)×155 (H) mm
  • 重量:13 kg
  • 定価:1,200,000円(2002年11月中旬発売)



SHARP XV-Z90S、XV-Z90

先日のInfocomm Japanでも話題になっていたシャープの新型プロジェクターXV-X90S/90が発表されました。0.55インチの新型パネルを使ったDLP機で、最大の特長は、AVワイヤレス受信機能を内蔵したことです。これは、DVDプレイヤーなどからの映像、音声を付属のワイヤレス送信ユニットでデジタル化してプロジェクターに飛ばすもので、映像、音声はMPEG2で圧縮されIEEE802.11B準拠の直接スペクトラム拡散方式にて伝送されます。これにより信号ケーブルは不要となり、設置の自由度は格段に向上します。
DLP方式に使われるDMDチップは、ミラーの傾斜角度を従来の±10度から±12度にした新型デバイスを採用することにより、1200:1の高コントラスト比を実現しています。また、上位機種であるXV-Z9000同様、3原色のみのプライマリーカラーホイール、5倍速シーケンシャル方式を採用して低ノイズ、高画質化を図っています。他には、29dBの低騒音、レンズシフト機能、上下左右台形歪補正機能などの特長があります。ワイヤレス送信ユニットの付属しないXV-Z90も用意されます。

  • 1チップDMD方式(0.55インチ)
  • 画素数:800×600
  • 明るさ:600 ANSIルーメン
  • コントラスト比:1200:1
  • ランプ:150W SHP
  • 外形寸法:368 (W)×327 (D)×153.8 (H) mm
  • 重量:4.5(4.3) kg
  • 定価:450,000円(350,000円)
  • 2002年9月25日発売(2002年10月25日)
  • ( )内はXV-Z90



PLUS 「PIANO」 HE-3200

プラスの「PIANO」HE-3200は、以前のHE-3100のバージョンアップ製品で、1080i/720pにも対応してデジタルハイビジョンの投影も出来ます。DVI-D、アナログRGB入力も備え、HTPCにも対応出来ます。また、新たに短焦点ズームレンズを採用して、短距離で大画面の投影が出来ます。
画質面では、新開発の画素変換LSIを搭載して、高精細な画質が得られます。また、ホワイトピーク機能によりメリハリの利いた投影画面が得られます。
プラスでは、従来の製品HE-3100からのバージョンアップにも対応するとのことです。

  • 1チップDMD方式
  • 解像度:848 X 600ドット
  • 明るさ:450 ANSIルーメン
  • コントラスト比:700:1(フルオンオフ)
  • ランプ:130W 高圧水銀灯
  • 外形寸法:235(W) X 198(D) X 91(H) mm
  • 重量:約 2Kg
  • 定価:オープン (2002年7月中旬発売)



シャープ XV-Z9000

シャープから1280X720画素のワイドDMDチップを使ったDLPプロジェクターが発表されました。このチップは三菱電機のリアプロでも採用されましたが、フロントプロジェクターとしては初の採用となります。ホームシアター用途として的を絞った製品でBSデジタルハイビジョン信号も直接投影出来ます。(720Pまでリアル投影可能)光学系の徹底的な見直しによりコントラスト比は驚異的な1100:1と発表されています。また、1チップDLP機では必ず問題となるカラーフリッカーもカラーホイールを6分割にした上、回転数を2.5倍にすることにより殆ど気にならないレベルとなっています。早速デモ機を見に行ってきましたが、一緒に比較したヤマハのDPX-1では視線を移動するとカラーフリッカーが見えることがありましたが、本機では全く見えませんでした。(個人差はあると思いますが)
画質は画素数が多いため非常に鮮明で、黒レベルの階調、白の抜けの良さも見事でした。他にもシアター機として数々の特長を備えたトップモデルと言えるプロジェクターです。

  • 1チップDMD方式(0.8インチ)
  • 画素数:921,600画素 (1,280 X 720ドット)
  • ランプ:275W NSHランプ
  • 明るさ:800(ブライトモード) ANSIルーメン
  •    :600(シアターモード) ANSIルーメン
  • コントラスト比:1100:1
  • ファンノイズ:32db
  • 外形寸法:475(W) X 406(D) X 178(H) mm
  • 重量:9.5kg
  • 定価:898,000円 (2001年9月5日発売)



PLUS 「PIANO」 HE-3100

プラスよりかねてから噂になっていたホームシアター用DLPプロジェクター「PIANO」が発表されました。ホームシアター用としては世界最小、最軽量のプロジェクターで、価格はオープンですが実売30万円前後と思われます。ホームシアター市場は、DVDの普及などにより大きな需要が期待されていますが、特にDLPプロジェクターはコントスト比、階調性が優れていることから映画鑑賞などに最適です。
本機は、600:1のコントラスト比、240Hzのカラーホイールの採用、2-3プルダウンプログレッシブ方式の採用などにより高画質化されています。コンポジット、S、コンポーネント、DVIの各信号入力が可能ですが、アナログRGB入力はありません。(アナログRGB入力の無いプロジェクターを取り上げるのは初めてかも知れません)明るさは、500ANSIルーメンですが、部屋を暗くして見るシアター用途には十分な明るさです。重さは2kgと軽く、ファンノイズも小さいのでマンションシアターにも最適です。カラーも5色用意されるとのことです。
私も仕事柄、家ではDLP機、液晶機数台を使用していますが、映画鑑賞での夜間、室内などのシーンの階調性、雪のシーンの白抜けの良さなどでは明らかにDLP機が勝っています。

  • 1チップDMD方式
  • 解像度:848 X 600
  • ランプ:130W 高圧水銀灯
  • 明るさ:500 ANSIルーメン
  • コントラスト比:600:1
  • ファンノイズ:33db
  • 外形寸法:235(W) X 198(D) X 91 (H) mm
  • 重量:約 2Kg
  • 定価:オープン (2000年6月初旬発売)



ヤマハ DPX-1

ヤマハから、ホームシアター用DLPプロジェクターDPX-1が正式発表されました。ヤマハはご存知のように、オーディオでは国内トップメーカーですが、DVD、BSデジタル等によるホームシアターの普及を見越して、いよいよビジュアルにも参戦してきました。
この製品は、0,9インチXGA解像度のDMDを使った1チップDLPプロジェクターで、特長としては、2-3プルダウン、動き検出型の各プログレッシブ回路を採用している他、各種ノイズ除去回路も備えて、映画、ビデオの高画質化をはかっています。
また、カラーホイールはRGBのみのホイールにすることにより、黒レベルを下げてコントラストを改善しています。入力端子は、コンポジット、S、コンポーネント、RGBの他、D4、DVIと多彩です。また、ホームシアターで重視されるファンノイズはエアダクト等により33dBとかなり低くなっています。
ひとつ残念なのは、価格が88万円とVW10HTよりもかなり高価な点です。しばらくはリッチなマニアの御用達となりそうです。

  • 1チップDMD方式
  • 解像度:1024 X 768
  • ランプ:120W V-VIPランプ
  • 明るさ:800ANSIルーメン
  • コントラスト比:900:1
  • ファンノイズ:33db
  • 外形寸法:415(W) X 422(D) X 129(H) mm
  • 重量:7.5Kg
  • 定価:880,000円 2001年5月中旬発売予定



マランツ VP8100

マランツのVP8100は、1チップDLP方式のシアター用プロジェクターです。HDTV750P(720P)、1125I(1080I)に対応し、動き適応プログレッシブスキャン回路を内蔵しています。また、2-3プルダウン検出機能も内蔵して映画素材の投影もスムーズです。
映像モードは、シアター、標準ダイナミックの切り替えが出来ます。入力端子は、コンポーネント、RGB,コンポジット、Sの4系統です。
定価はオープンですが、現在の実売価格は50万円ほどです。

  • 1チップDMD方式
  • 解像度:1024 X 768
  • ランプ:120W P-VIPランプ
  • 明るさ:700ANSIルーメン
  • コントラスト比:500:1
  • ファンノイズ:
  • 外形寸法:235(W) X 327(D) X 96(H) mm
  • 重量:3.0 Kg
  • 定価:オープン  2000年10月発売










当社では、各製品の販売を行っています。


03-3769-1235

(株)カラーマーキング ファクトリー


お問い合わせはこちらへ

お問い合わせの際は、お名前、電話番号をご記入下さい。





[液晶プロジェクタープレゼンツールご購入案内イベント情報コンサルティングセミナー案内スライド出力ポスター出力料金表マルチメディアホームページ制作What is CMFスライドギャラリーBOOKSDTPRとは日刊工業記事サンプルスライド会社案内コーヒーブレーク]