イベント情報






● MAC WORLD EXPO 2002

平成14年3月21〜23日、MAC WORLD EXPOが東京ビッグサイトで開催されました。
今年は、会期3日間のうち2日は休日という、いかにもMAC WORLDならではという日程でした。また今年は、ビッグサイトでの開催ということもあり期待していましたが、出展社数が少なく東ホール2、3のみを使う展示にとどまりました。当日一日の入場料もこの種の展示会としてはバカ高く2500円もします。これは、Infocomm Japanよりも高い価格です。一応12歳以下は無料となっていますが、この価格では学生さんにはとてもかわいそうです。
会場はホール2にアップルブースがドーンと控え、他にちょっと大きいブースはアドビ、マクロメディア、マイクロソフト位で、日本の大手メーカーは殆どありませんでした。毎年ごったがえしていた販売コーナーもお店が少なく、寂しい限りでした。当社が出展していた10年前の活気は見られなくなってしまったのは、非常に残念です。
アップルブースでは、New iMACがずらりと並び、ムービー、スチルのコーナーで操作性を体感できるようになっていました。ステージではMAC OS Xのデモンストレーションが開催されマックファンの熱い視線が注がれていました。また、iPODも10GBバージョンが発売されるためかなりの台数を展示してアピールしていました。
プロジェクター、フィルムレコーダーなどのプレゼンテーションツールも以前ほどは出展されていませんでした。全体的に初期のような学術的な内容の展示は影を潜め、よりエンターテイメント性の強い内容が殆どになってしまった感があります。
とはいえ、MUG(Mac User Group)など草の根的ファンは多く、他の展示会では見られない、ユニークな企画は規模が小さくなったとは言え健在でした。 以下、ユニークな展示を中心に写真を載せます。

会場の様子

アップルのデモンストレーション会場 OS Xを中心にデモンストレーション
New iMacによるムービー制作コーナー かなり操作性が良くなっています。
ムービー制作は簡単 消し忘れて帰った人のムービーは面白い?
iPODのデモコーナー BOSEのヘッドフォンで聞けます。
マイクロソフトのブース MicroSoft Office v.X for MACが目玉
ADTXの920万画素液晶モニター 実に3840 X 2400画素とスライド並の解像度
iPOD用アンプリファイドスピーカー 上からさして、ケーブル接続でOK
ストリーミング用機材を背中にしょって エアーマックで飛ばしています。
Mac Fan クリニック MACのよろず相談所です。
似顔絵コーナー 辛抱強く順番待ちをした上また待たされる。
ポリタンクに入ったG3 隣のロボット?をコントロール
絵文字?のキーボード イタチョコシステム製
iBOOK合体ギター ALFEE高見沢氏のものです。
プロジェクターで壁面デモ 大分パワー不足で 寂しかったです。