イベント情報






● SHARP 「プロジェクター&LCDネットワークフェア」

平成14年3月7〜8日、シャープの「プロジェクター&LCDネットワークフェア」が市ヶ谷の同社ビルで開催されました。
小規模な展示会でしたが、DLPプロジェクターの新製品の展示のほか、LCDモニター、プラズマディスプレイ、スクリーンなどが並べられていました。
DLPプロジェクターPG-M25Xは、明るさ1900ANSIルーメンで、PCカードスロットにカードを入れることにより、無線LAN対応になります。また、新VQ圧縮方式(ベクトル量子化アルゴリズム)の採用によりデータの転送、伸張時間が大幅に短縮されスピーディなプレゼンが可能です。また、PG-M20XはPCカードスロット無しのプロジェクターです。
プレゼンツールとしては、ワコムの液晶ペンタブレット(手書き入力装置)Cintiq(シンティック)が展示されていました。これは、液晶タブレットにペン入力出来るもので、パソコンとプロジェクターの間に入れることにより、PenPlusという付属ソフトのサポートで、投影画面上に手書き入力出来るものです。従来から似たような製品は幾つかありましたが、15インチの液晶画面上での操作性はかなり良好です。
他には、アストロデザインのマルチプロジェクションシステム、ドリームテクノロジーのインパクトビューワー、各種画像配信システムなどが展示されていました。
以下当日の様子です。

会場の様子
シャープ市ヶ谷ビル 市ヶ谷駅から2〜3分の所です。
PG-M25X DLP方式1900ANSIルーメンのワイヤレスプロジェクターです。
PG-M20X ワイヤレス機能(PCカードスロット)はありません。
プロジェクターの説明ボード ワイヤレスプロジェクター、新VQ圧縮の説明です。
Wacomの液晶ペンタブレットCintiq 投影画面に簡単に手書き入力出来ます。
業務用液晶モニター バックライト寿命は40000時間とのことです。
プラズマハイビジョンテレビ 左は50インチPZ-50BD3、右は43インチPZ-43BD3
CRTモニターとLCDモニターの比較コーナー LCDモニターは、かなり良好な階調性でした。
2台のXG-V10WJによるマルチビジョンシステム アストロデザインのシステムで左右2分割して投影していました。
透過スクリーンHoloPro i-TEM16の扱いではなく、ケーシーシー商会の出展でした。
ショールームにて ポータブルAVプレーヤー、かなり鮮明な画質です。3月15日発売、詳しくはこちら