イベント情報





-

● ソニープロフェッショナル機器内覧会

ソニーのプロフェッショナル機器内覧会が5月29日〜31日東京流通センターで開催されました。 その名の通り民生用機器は一切出展されていませんが、プロジェクターについては民生用?に近いものもあり、その垣根はほとんどありません。 残念ながら先日発表されたホームシアター機VPL-11HTは出展されていませんでしたが、その他のデータプロジェクターは一通りラインナップされていました。 今回の注目は、先日発表されたばかりのメモリースティック対応モバイルXGA機VPL-CX3とネットワーク対応プロジェクターVPL-FX50です。 CX3は、0.7インチ機ながら900ANSIルーメンの明るさで、メモリースティックにデータを入れるてパソコンレスプレゼンができます。 正面左のボタンを押すと前面パネルが跳ね上がり操作パネルが現れるPOPな機構です。 FX50は3500ANSIルーメンの明るさながらコンパクトで、PXシリーズの交換レンズが使えるとのことです。ネットワーク対応ということでは、VPL-FE100Jの後継機FE110Jが先行しています。しかし、FE100Jではいろいろと苦労させられていますので後継機はあまり使う気にはなりません。 以下、会場の様子を掲載します。

会場入口のパネルです。 
制作機器システムの会場 
プロジェクターラインナップ 
VPL-CX3による投影 
メモリースティックスロット 
こちらはVPL-CX2 リモコンはシンプル
ネットワーク対応のVPL-FX50 PCカードスロット付
テレビ会議システム 
売れ筋PDP PFM-42B1 
今年のスタジオセット