イベント情報






● 大塚商会「実践ソリューションフェア2001」速報

13年2月8〜10日、大塚商会の「実践ソリューションフェア2001」が品川のホテルパシフィックで開催されました。
ビジネスソリューションフェアということで業務用アプリケーションの展示が多かったのですが、その映像表示用にプロジェクター、PDP(プラズマディスプレイ)が数多く使われていました。
プレゼン用途の製品としては、パイオニアのCYBERBOARDという、PDPを使ったプレゼンボード、ドリームテクノロジー社のImpact Viewerというマルチビューワーシステム等が展示されていました。CYBERBOARDは、同社の50インチPDPに赤外線方式の入力装置を取り付けたもので、専用電子ペンまたは指でも入力が出来ます。操作性はかなり良く、映像への書き込み、消去、保存も指一本で楽に行えます。但し、価格はかなり高そうです。
Impact Viewerは、1台のPCで、複数のアプリケーションウィンドウの位置、大きさを制御して、最大8画面まで表示出来るシステムです。例えばプロジェクター4台により、1台のPCからの関連する4画面を同時表示することも出来るので、プレゼンルームにパノラマ表示して効率的なプレゼンテーションを行うことも出来ます。会場では3面一体型の液晶モニターが展示してありました。米国には、Panorama Technologyという、超ワイド多面のパノラマディスプレイシステム専門の会社もあります。
パノラマのついでに、PANASONICからは、15.7インチSXGAモニターを2面備えたパソコンCF-81が出展されていました。MACでは10年前からデュアル、トリプルモニターで作業をしていましたが、用途によっては大変便利なものです。CF-81ではミラーモードにもなるので、対面するプレゼンにも最適です。
以下当日の写真を載せます。

ビジネスソリューションの会場


会場の様子
三洋のプロジェクターによるデモ 光和さんのレンタル品でした。
パイオニアのCYBERBOARD 細い線も指で書けます。
PDPに木枠をつけて絵画風に 
トリプル液晶モニター Panorama Technology製
PANASONICのCF-81 面白い使い方が出来そうです。
エプソンのB0サイズプリンター 顔料インクと染料インクは別機種です。
商談室には各社のプロジェクターを設置 
ザウルスMi-E1は超人気 これでプレゼンは出来ませんが。