イベント情報






PLUS 新製品発表会

7月6日、7日、港区竹芝のニューピアホールでPLUSの新製品発表会が開催されました。すでに発表されているDLPプロジェクターU3シリーズを中心にしたものでしたが、PLUSとしてはDLPのデビュー機UP-800以来の力の入った展示会でした。
入場すると、初めにオフィスでのU3の活用事例を10分ほどの寸劇で紹介していました。わりと普通の劇でしたが、私が演出するなら、ステージの左半分をオフィス、右半分を自宅として、夫々の活用法を紹介したあと公私混同の悪い使い方?を伝授したと思います。(出張からの直帰が増えるような)
ステージが終わると、裏の展示コーナーに行くしかけです。U3のビジネスでの使用例、ホームシアターでの使用例のコーナーがありましたが、ホームシアターのコーナーはスクリーンに天井からの光が入りちょっと見にくかった。
他に、従来のU2シリーズをパワーアップしたU2-1110、U2-1130も展示されていました。夫々XGAリアルモードで(U3パンフ中のU2-1130がリアルSVGA、と間違っています。)1100ANSI、1300ANSIですが、U3と比べスペック以上に明るさの差を感じました。ビジネス用途にはやはりこちらでしょう。U2-1110とU2-1130の違いは、DMDが0.7インチと0.9インチの違いなのですが、ユーザーから見ると、あまり差のない2機種と映ってしまいそうです。
尚、U3-1080(XGAリアル)の発売は8月初旬、U3-880(SVGAリアル)の発売は9月初旬になるとの話でした。

ステージでのU3の紹介 「やったぜベイビー」の歌がちょっと恥ずかしかった。
U3のホームシアター例
U3専用の三脚 倒れないかな
U3のリモコン CS1と違ってフル機能です。
U2-1130による投影  明るく、コントラストも良い
左U2-1110、右U2-1130 
遠隔会議システムもあります。 
各種キャリングケース 奥にELP-710、VPL-CS1があった。