ザウスビジョン

ザウスビジョン



千葉県船橋市にあるスキードーム"ザウス"には、長さ490m、最大幅100m、標高差80mの世界最大の室内ゲレンデがあります。
4人乗りの高速リフト2基を備えた最大斜度20.1度のゲレンデは、人工降雪による80ミクロンのパウダースノーで覆われていて、自然の雪を超える質感です。
当社では、このゲレンデの左右のリフト乗り場付近に250インチの映像システム"ザウスビジョン"を設置し、1月22日より運用が開始されました。
これにより、全館に流れるビデオクリップを投影したり、着順表示のパソコン画面を投影したり出来ます。 また、お客様のフォームを録画してスリップ(ディレイ)投影することも出来ます。
投影には、SONYの最新型プロジェクターVPL-FE100Jを2台スタックで左右に合計4台設置しています。 プロジェクターの設置場所は、ゲレンデ手前2階のギャラリースタンド(観客席)です。 明るさは片側で3500ANSIx2の7000ANSIルーメン。当社で設計製作した制御装置および映像送出パソコンは、3階のDJルームに置かれています。
実は、フォームのスリップ再生にはVAIOを使っています。MPEG2のハードウェア録画装置が流行っていますが、コストパフォーマンスを考えればVAIOは抜群のマシンです。
プロジェクターの設置に当たっては、30m先のスクリーンに2台のプロジェクターからの映像をドットずれなく投影する難しさを味わいました。長焦点ズームレンズのフォーカス範囲ギリギリで使わざるを得なかったのが原因ですが、この辺はもう少し余裕を持ちたかったところです。設置調整にあたって貰った(株)映像センターさんには感謝しています。
スクリーンは、250インチのシルバータイプで3角柱の1面に貼ってあります。裏の1面はビルボードになっていて各種広告を掲載します。
ご興味のある方は是非スキー、スノボがてら見に行って下さい。


  ザウス外観 最高部は25階建てのビルに相当します。



右側スクリーンの投影 一番上までは見えません 左側スクリーンの投影 2Fスタンドの囲みにPJを設置
3階DJルーム内の制御盤とVAIO スイッチャー等の入った制御盤 DJルームから見た左スクリーン プロジェクターの設置状況
2段スタックの様子 ガラスの反射が課題です。 プロジェクター脚の設置状況 置き台もガッチリ固定

注:"スキードームザウス"は営業終了となりました。