イベント情報






● World PC Expo 99 デジタルプレゼンテーション最前線 フォトレポート

World PC Expo 99デジタルプレゼンテーション最前線にご出展頂いた製品、および各社のブースの写真を載せます。
今回はデータプロジェクター比較投影コーナーに14機種、モバイルプロジェクターハンズオンコーナーに8機種、 PDP比較コーナーに5機種のご出展を頂きました。
小型プロジェクター14機種の明るさの平均値は1820ANSIルーメンで、昨年の10機種の平均1170ANSIルーメンを大幅に上回りました。
今回投影した映像で見ても、背景が薄い色の場合、小さな文字などはバックの明るさにつぶされて見難い状態でした。明るいのもいいのですが、普通の会議で使う80〜100インチ位のスクリーンで多少暗い部屋で使うと、ギラギラと眩しくて疲れてしまうのではないかと思います。明るい部屋でのプレゼンに最適と各メーカーではうたっていますが、明るい部屋ではそもそも黒がしまらず画質に問題が生じるわけですから、出来れば多少暗い部屋(といっても資料が十分読めるくらいの)でのプレゼンの方が良いわけです。そう考えると最近の小型プロジェクターは完全に明るさオーバースペックな訳です。良い画質で、良いプレゼンを行うには1000ANSIもあれば十分ではないでしょうか?最近のモバイルプロジェクターは600〜1000ANSI位の製品が多いのですが、うっかりしているとこちらがビジネス用の主流となる可能性は十分あります。今回も開催直前に明るさがUPしたので仕様を変えて欲しいとの申し込みがありましたが、ビジネスプレゼン用途の製品については、そろそろ明るさ競争はやめてユーザーの使いやすさの追求に努めて欲しいと思います。
さて、モバイル機のハンズオンコーナーは自由に触れることをうたった初の試みでしたが、初日は普通の比較投影と思われたのか、 なかなか触ってくれません。そこで自由に操作して下さいと表記したところ、触る人が増え、パソコン、ビデオ映像がばらばらに出たり、消えたりとハンズオンらしくなりました。メーカーさんによってはアテンドもして頂き、有難うございました。
一番人気は東芝さんの書画カメラ付きの製品だったようですが、なかにはメニュー画面を細かくチェックしているお客様もいて、比較投影とは一味違った光景でした。主催者としては、じっくり見て触って貰うのが狙いでしたが、メーカーさんによっては壊されるのでは、とヒヤヒヤしていたようです。簡単な操作説明看板を設けようと思っていたのですが、間に合いませんでした。
また、今回は1機種モバイルの範疇に入らない(10ポンド以下をモバイルとしたい)製品もありましたが、次回はこのあたりは厳密にしたいと思います。
プラズマディスプレイについては、パソコンイベントでの比較会は初めてでしたが、やはりいろいろと問題はありました。
今年のInfocommでもプラズマの出展は僅か5機種ほどでしたが、難しさが良く分かりました。メーカーさんも国内での比較会出展の経験がないためか、明るい製品のとなりはいやだ、などといった要求もでてきました。また、プロジェクターと違い、解像度がいろいろとあり、今回も水平方向が、640,852,1024,1280,1365ドットと様々でした。RGB信号はXGA解像度で入力しましたが、ワイドモードで表示したため横長の映像になりました。640ドットの製品はダウンコンバーターを介して接続する予定でしたが、都合により出展されませんでした。また、専用のアダプタを介して出展したいとの製品もあり、本体のみでの出展をお願いした当方と意見が食い違いましたが、今回は初めての企画でもあり譲歩しました。今後、もしPDPの比較を行う場合には、綿密な打ち合わせをして、各社のコンセンサスを取っておかないとかなり難しいと感じました。
最後に、デジタルプレゼンセミナーとして3日にわたり比較投影コーナーのステージでセミナーを行いましたが、講師の先生のノートパソコンに切り替えると投影映像に不具合が生ずる機種が幾つかありました。
初日は、VAIO Z505でXGA、2日目はIBM CHANDRAでSVGA、3日目はLet's NoteでSVGAでしたが、初日は、東芝、三菱が映らず、2日目は全てOK、3日目はキャノン、日立、三菱が映りませんでした。(セミナーの写真を参照して下さい。)半分以上の機種は全て安定して投影出来ていたので、一概にノートパソコンの同期信号レベルが低いとか分配系が悪いとも言えないとも思えます。次回セミナーを行う場合は、講師の先生からデータを頂きこちらの映像送出用パソコンから投影したいと思います。 以下コメントを事実として記します。

小型データプロジェクター14機種

日立 CP-S860J 唯一のSVGA圧縮投影でした。 
日本アビオニクス MP-300 書画カメラ機能付
NEC VL-1035SB 調整のせいか色が沈み気味だった。
富士通 PJ-X1500 
エプソン ELP-7350 同期がとれるまで時間がかかっていた。
東芝 TLP771J セミナー初日映らず
キヤノン販売 LV-7510 セミナー3日目どうしても同期がとれなかった
日立 CP-X960J 白がきれいだったが、セミナー3日目映らず。
エプソン販売 ELP-8000 開催直前に2200ANSIにUP! ウーン
三菱電機 LVP-X300 セミナー初日、3日目映らず
松下電器 TH-L798J 2200ANSI3機種中最も明るかった。
シャープ XV-N1500 色調良く、安定した同期
APTi AP-2000 調整不足か
三洋電機 LP-SX2500(S) さすがに明るいが熱い。

モバイルプロジェクター8機種

左から明るさの順に展示
NEC LT84J SVGA機なので圧縮投影です。
APTi LP330 650ANSIなのでちょっと暗いかな
三洋電機 LP-XG10(H) この中では大きい方です。
プラス U2-1080 入力切替がちょっと面倒
エプソン販売 ELP-7550 900から1000ANSIになっていた。
東芝 TLP651J 書画カメラ映像のオーバーレイが好評
ソニー VPL-PX1 明るいですが、結構大きめ。
松下電器 TH-L757J 次回は小型機のコーナーでお願いします。

プラズマディスプレイ5機種

右の2機種は50インチ 
左の3機種は42インチ 
松下電器 TH-42PD2 チューナー付きでの展示です。
ソニー PFM-510A1WJ 
富士通ゼネラル PDS4221J-H 期待の新製品、途中で交換したがどこが悪いのか分からなかった。
NEC PX-50M5 外観、重量もかなりのもの
パイオニア PDP-502MX 大画面でコンパクト

その他製品

インターリンクのワイヤレスパッド 書きやすく理想的
ソニーのMPEG2ビデオサーバー ビジネスプレゼン用にも最適

各社のブース

三洋電機AVシステム 
キヤノン販売 
松下電器産業 
APTi
エプソン販売 
日立ソフトウェアエンジニアリング 
NEC 
スターテクノロジー
三菱電機
富士通ゼネラル 
日立製作所 
日本アビオニクス 
シャープ 
富士通 
リコー
ソニー