イベント情報






● (株)光和 最新映像機器内覧会 速報

1月13日、14日(株)光和の最新映像機器内覧会が江東区辰巳の光和本社ビルで開催されています。3階、4階を使って展示されていますが、4階はモバイルプロジェクターのコーナー、平面テレビ、デジタル編集システムのコーナーがあります。
モバイル機ではコダックのDP1050、エプソンのELP-7500、三菱のLVP-X120あたりが新鮮なところです。各社独自の映像ソースなので比較は出来ませんが、すべて600ANSI以上、モバイル機も明るくなったものです。
3階では大型機、中型?機、小型機といった具合に分けて比較投影していました。というより価格で分けたのかちょっと良くわかりません。大型はBARCO vs. NECのDLP、中型?は1機種を除き150万円以上の5機種、小型は135万円以下の6機種でした。
中型機ではSONY VPL-X2000Jの明るさ、シャープXV-X1050のコントラストの良さが目立っていました。小型機では、PANASONIC TH-L797Jの明るさ、NEC VL-1035、EPSON ELP-7300の色合いが良かった。
他に、液晶モニター、プラズマディスプレイ、リアプロのコーナーもあります。さすがに昨年まであったスライドプロジェクター関連の展示はなくなりました。(ちょっと寂しい)

会場の様子
展示会会場入り口です。 辰巳駅から送迎バスが出ています。
4階のモバイルプロジェクター展示コーナー ぎゅうづめに展示しています。
コダックの新DLP機、DP1050 デジカメおまけセール中です。
三菱電機のLVP-X120 意外と大きい感じです。
同じくPCカードスロット部 
エプソンELP-7500が発売されました。
PANASONICのTH-L556JにTegrityのカメラ付 電子ボードシステムです。
SONYのおいしそうな製品がてんこ盛り 一眼デジカメは触らない方が良い(欲しくなる)
SONYのSVGAグラストロン、29万8千円! かけたままで周りが透過して見える。
リコーの超音波センサーによるボードシステム XGAリアプロ内蔵
大型機の比較はNEC vs. Barco 右の女性はプラズマ縦2枚によるナレーター
小型6機種による比較投影 手前からPANA,NEC,EPSON,日立,三菱,ELMO
同 右側の3機種 日立CP-L955Jは多少暗かった。三菱LVP-X200は緑が被っていた。
中型機5機種による比較投影 手前からシャープ,ビクター,APTi,三洋,SONY
SONYのVLP-X2000J 4灯式でだんとつの明るさ
同 操作パネル
左からSONY,三洋,APTiの投影画像 ビクターのDILAは明るさ、同期とも良くなかった。
富士通ゼネラルのプラズマインタラクティブボード
パイオニアのXGA対応プラズマ 横1280なのでXGA入力時、左右ブランクとなる。
同 薄いので物を隠すのに最適? 価格は250万円!
同 点吊りにした場合
リアプロも多数展示してあります。