イベント情報






● 東芝 プロジェクター新製品発表会

8月25日、東芝本社にて、液晶プロジェクターの新製品、TLP711Jの発表会がありました。
近くなので、ブラブラ歩いて行きましたが、夏も終りだというのに暑い暑い!この時期に
新製品の発表が相次ぎ、プロジェクター市場もホットになっています。
さて、39Fの会場に入りましたが、割合小規模に開催されていて、TLP711Jは1台しか
置いてありませんでした。他は、比較用に前の機種であるTLP511KとエプソンのELP-7300が
置いてありました。
会場にはスーツ姿の偉そうな方が大勢いて説明していましたが、他社の発表会でも
気になるのですが、プレゼンツールの発表会はもう少しスマートにやった方が良いと思います。
若い社員に任せても良いのではないでしょうか。
TLP711Jについては、やはりマイクロレンズアレイを使用しているため明るさはかなりなもので、
隣のELP-7300よりも多少明るいようでした。しかし、最大の売りである、書画カメラは81万
画素とのことですが、本体の上に乗せた書類の投影では、かなりズームしないと読みにくい感じ
でした。スクリーンは、ビーズかと思ったのですが、アルミ蒸着の新製品で、ゲインは2ながら
視野角の広い製品、とのことでした。また、DVD用のコンポーネント入力がありますが、
残念ながら時間の都合でこちらの映像は見られませんでした。


会場の様子
TLP711J、ちょっと見にくいですが、上の青い部分がカメラ
カメラを前方に振ると人物も写せる 
手前から、ELP-7300、TLP511K、TLP711J
RGBのケーブルは、コンポーネント入力 
左は、ELP-7300、右はTLP711Jの映像 
コンポーネント信号の映像ソース 
SXGA表示のリアプロジェクター