イベント情報






● MAC WORLD EXPO TOKYO 1998

2月18〜21日幕張メッセでMAC WORLD EXPO TOKYO 1998が開催されました。
例によってプレゼンツールを中心に見て回りました。今回は3ブロックのみしか使われておらず、かなり縮小された印象でした。相変わらず、若者、女性、若い格好をした人?が多いのですが、土曜日に行ったせいかも知れません。今回のEXPOでは、MAC OS8.1、G3機、QuickTime3.0などが話題の中心になっていましたが、マイクロソフトの出展も見逃せません。IE4.0 for MACが発表され、標準ブラウザとして採用されるとのことです。資本が入るとこうなってしまう様です。Appleのキーワードは"Think different"とのことですが、オフィシャルガイドの日本法人社長の挨拶では、"Tink different"になっていたのは頂けません。
さて、プレゼンツールですが、大手家電メーカーの出展が少なく、液晶プロジェクターは、パナソニック以外は、殆どが展示投影用でした。フィルムレコーダーは、イメージアンドメジャメント、日本ポラロイドが出展していました。プリンターは、オフィスへの導入が最も期待されるカラーレーザー機が、エプソン、ゼロックスをはじめ、かなり出揃ってきました。特に、QMSの製品はPS対応で50万円を切る驚きの低価格です。また、大型プリンターは従来のメーカーの他、キャノンからも発表されていました。


プリンター

三菱カードプリンタCP7000DS 葉書から名刺までの昇華プリンター
EPSONカラーレーザー XEROXのエンジンOEM機ですが、かまやつ、直ちゃんのインパクトは強烈
同じくXEROX LASER WIND テレビCMは地味だけど、こちらは華やかに展示していました。 
キャノンからもA0プリンター 今春発売、コピアの製品とのこと
QMS Magicolor 2 ¥498,000のPSカラーレーザープリンター
オリンパスの大型インクジェット OEM供給もされています。
CCAのPS RIPほか HPの2000+このRIPは2500よりBetterとのこと

液晶プロジェクター

PANASONIC ブースの液晶プロジェクター P3販売チャネルでは型番、価格も異なっています。
モバイルプロジェクターTH-P5000 TH-L555Jと同一製品です。
マイクロソフトブースのプロジェクター BARCOかな?

フィルムレコーダー

MIRUS Galleria Pro 日本バイナリーのブースにありました。
OPALの新製品OPALEX ネガフィルムへ対応が抜群です。
日本ポラロイド ProPalette 7000 大型CRTを使ったローコスト機です。


その他

G3機もこの値段 
APPLEブースです。 
マクロメディアのDREAM WEAVER ダイナミックコンテンツが簡単に作れる。
マイクロソフトのブースが IE4.0 for MACを盛んに宣伝していました。
Quick Time 3.0のデモ このサイズでも実に滑らかな動きでした。
AGOSTブースのSTEP-BY-STEP誌 ビジネスグラフィックスのページがありますが、   どちらかというとデザインプレゼンテーション目的の内容です。
ばくたま君も古くなりました。 
金ピカキーボード  台湾製です。
イタチョコシステムも大忙し
9003 INC.のブースは工事中?