イベント情報







● 液晶プロジェクター比較投影会(映像センター主催)





11月28日、29日、東京のKDDホールにて、 (株)映像センター主催の液晶プロジェクター比較会が 開催されました。出展社は8社でしたが、各社の新機種が 並び見応えがありました。

特に、今秋発売されたSVGA リアルモード対応(VGA機で疑似的にSVGA投影するのではなく、800X600ドットの液晶パネルを使う方法)の機種が、すべてのメーカーから出展されました。また、一部の製品を除いて、XGAモードの簡易投影が出来る事も特筆できます。中でも、エプソンの新製品ELP-5000はXGAモードでも鮮明な映像が印象に残りました。

映像は、VAG,SVGA,XGA,NTSC信号が切り替えて流されていました。スクリーンは80インチでしたが、実際の使用状況を考えるとこのサイズでの比較は妥当でしょう。

会場は調光の出来るホールなので、実際の使用環境に近い状態で比較できたことは評価されます。

会場では、何故かビデオ、カメラでの撮影禁止(撮影しても真の色調が出ない、という変な理由でした。)とのことで、残念ながら映像の掲載は出来ませんが、代わりに会場のレイアウトを左図に載せます。



各社の出展機種は次の通りです。

             
PANASONICTH-L592J
富士通ゼネラル LPF-3000
東芝TLP411J
エプソンELP-5000、ELP-3500
ASKIMPRESSION 970
日本電気ViewLight S800
三洋電機LP-SG50(H)
シャープXV-E690