イベント情報






● 国際フラットパネルディスプレイ展(Display 2008)速報

4月16〜18日、国際フラットパネルディスプレイ展(Display 2008)が東京ビッグサイトで開催されました。FINETECH JAPANなどの関連技術展とともに東ホールを使う大規模な展示会ですが、Display 2008は東5ホールで開催され、ここにはソニー、松下、日立等の大メーカーが競って出展していました。
PANASONICでは、世界最大の150型プラズマモニターを出展していました。これは4,096X2,160画素で横幅は3mを越す超ビッグサイズプラズマモニターです。プラズマもいよいよプロジェクターでの投影サイズに侵入?してきました。他にはフルHDで厚さが24.7mmの超薄型50型プラズマモニターを参考出展していました。
ソニーでは昨年発売した有機ELテレビXEL-1のパネルを更に薄型化して、厚さ0.3mmの11がた有機ELパネルを出展していました。これはガラス基板を薄型化して実現したものです。また3.5型で厚さ0.2mmのパネルも参考出展していました。他には70型のLEDバックライト液晶テレビ、新ブラビアシリーズを展開していました。
以下当日の様子です。

会場の様子

PANASONICの150型プラズマモニター 103型でビックリしていたのは過去の話でした。
PANASONICの超薄型プラズマモニター 50型フルHD画素で、厚さは24.7mmで1インチを切ります。
ソニーの有機ELパネル2種類 手前が11型(960x540画素)で厚さ0.3mm、奥が3.5型(320x220画素)で厚さ0.2mmです。
ソニーの有機ELパネルの解説ボード ガラス基板の薄型化が寄与していることが分かります。
ソニー液晶フラグシップモデルKDL-70X7000 70型でLEDバックライト「トリルミナス」採用
ソニーの新型BRABIAシリーズ チューナ内蔵で最薄機もラインアップされていました。
ビクターのチューナー一体型薄型液晶テレビ 厚さ39mmとのことですが後部中央が大きく出っ張っていました。
ビクターブースにあったウィンドウタッチパネルシステム 静電容量センサーを使いガラスの外側から操作出来ます。
ブリジストンの電子ペーパーQR-LPD 
こちらは富士通のカラー電子ペーパー端末FLEPia 
NEWSIGHTの3Dディスプレイ  メガネ無しで立体映像が見ることが出来、広告に最適です。
日立の超高輝度モニター 1000cd/uの明るさです。
MACTRONICSのタッチパネル 赤外線方式で1ヶ所以上のタッチポイントを認識出来るマルチポイントタッチを実現しています。
46型のマルチポイントタッチモニター 2箇所に触れてiPod touchの様な操作が出来ます。
ERGOTRONの各種アーム 米国最大のアーム、マウント製造会社です。