イベント情報






● 国際フラットパネルディスプレイ展(Display 2007)速報

4月11〜13日(株)国際フラットパネルディスプレイ展(Display 2007)が東京ビッグサイトで開催されました。FINETECH JAPANなどの関連技術展とともに東ホール全体を使う大規模な展示会ですが、Display 2007は東3ホールで開催され、ここにはソニー、松下、NEC等の大メーカーが競って出展していました。
中でも圧倒的な注目は、ソニーの有機ELテレビで常に黒山の人だかりが出来ていました。展示製品は2機種で、11型(1024x600画素)と27型(1920x1080画素)で特に11型はパネル面の厚さ3mmと圧倒的な薄さです。またコントラスト比は100万対1!、輝度は200cd/uとなっています。11型は今年中には発売されるとのことでSED方式が出遅れている中、第三の薄型テレビとして有機ELテレビが注目されそうです。 同じくソニーブースにはSXRDパネルおよび同パネルを使ったプロジェクターが展示されていました。0.61型新型パネルは1920x1080画素でコントラスト比は5000:1、フレームレートを120Hzにして残像を軽減することが出来ます。
松下ではプラズマテレビVIERAの新製品700シリーズ、70シリーズを展示していました。SDメモリーからのフルHD動画再生などの特長を謳っています。特にTH-42PZ700は初の42型フルHDプラズマテレビとなります。
ビクターでは世界最大の110型のD-ILAリアプロを出展して人目を引いていましたが、他にも超薄型58型リアプロを展示していました。これは昨年のCEATEKでも壁掛け展示して話題となった製品で薄さは27cmしかありません。
パイオニアは新規発表製品はありませんでしたが、新型プラズマテレビと旧型を並べて展示した上、部屋の明るさの明暗による映り具合を比較していました。新機種では「新ダイレクトカラーフィルター」により、コントラストや色再現性を改善し、写り込みを少なくしています。
日立はプラズマWOOOの新型を展示していましたが、レコーダー内蔵タイプはリムーバブルHDDを採用した「iVポケット」をアピールしていました。 以下当日の様子です。

会場の様子

ソニーの11型有機ELテレビ 地デジチューナー、HDMI端子を搭載して今年中に発売とのことです。
ソニーの27型有機ELテレビ フルHD画素でコントラスト比は100万対1
ソニーの有機ELテレビ仕様表 抜群の色再現性を誇っていますが、寿命が気になります。
ソニーの0.61型フルハイビジョンSXRDパネル 120Hz駆動により残像が少なくなります。
ソニーSXRDプロジェクターの光学エンジン 
ソニーSXRDプロジェクター 左はVPL-VW100、右はVPL-VW50
PANASONICの新型VIERA700シリーズ 42型フルHD機も登場しました。スピーカーのサイド、アンダー、色も選べます。
PANASONICの新型VIERA70シリーズ フルHDではありませんが安価です。
ビクターの110型D-ILAリアプロ 世界最大の大きさですが、消費電力は僅か220Wです。
ビクターの超薄型D-ILAリアプロ 奥行き27cm、壁掛けも出来ます。
ビルターの各種D-ILAパネル ホームシアター用からデジタルシネマ用まで多彩です。
パイオニアは自社プラズマの新旧機を比較 新機種 PDP-A507HX、A427HXでは「新ダイレクトカラーフィルター」を採用
日立の新型プラズマWOOO リムーバブルHDD「iVポケット」が売りです。
プラズマ壁掛け金具 ジャバラ式でリモコンでチルト出来ます。
日本フィールドサービスのプラズマスタンド リモコンで上下左右チルトが出来ます。
NECの医療用液晶モニター 独自のコントラスト、階調性が要求されます。