イベント情報






● 「2006 NECプロジェクター特別内覧会」 速報

2006年6月14日〜15日 「2006 NECプロジェクター特別内覧会」が東京芝浦のグランパークで開催されました。この展示会は数年前からこの会場を使って開催されていますが、NECビューテクノロジー 本社からはJRの陸橋を渡ってすぐの場所に位置します。(芝浦のMAPはこちらです。ちょっと古いですが)
今回は新製品のプロジェクターNP2000J(明るさ4000ANSI)を筆頭にモバイル機からシネマ用の3板式DLPプロジェクターまで各種製品を展示していました。同社は国内唯一の液晶、DLP方式のモバイル機からシネマ機まで製造しているメーカーで、その幅広い品揃えは他社の追従を許しません。
NP2000Jは同社お得意のパールホワイトの外観ですが意外に大きくどっしりした印象です。LAN、RS232Cによる制御、5本の交換レンズ、レンズシフト機能、ダイレクト&タイマーパワーON/OFFなど業務用としても使える仕様になっています。会場入り口にはNP2000Jにより、柱の角に投影しても綺麗に見える「幾何学歪補正機能」のデモをしていました。このソフトは無償ダウンロードで使え、球面や、円柱にも綺麗に投影出来るためデザインを重視した場所での投影に最適です。
他の小型プロジェクターは特に新製品はありませんでしたが、LT380Jによる社内LAN、無線LANを使った遠隔会議システムなどが展示されていました。例年のようなDLPシネマプロジェクターの投影はしていませんでしたが、解像度2048X1080の3板DLP機NC2500Sが展示されていました。これは明るさ23,000lmコントラスト比2000:1以上で25m幅のスクリーンまで対応出来るとのことです。
リアプロは70インチと100インチ(50インチX4)の2機種展示されていましたが、何れも1チップDLP機でランプオートチェンジャーなどを備え監視盤用途に最適です。 以下当日の様子です。

会場の様子
今回の目玉PJ、NP2000J/NP1000J 高画質多機能PJ、明るさは各々4000ANSI、3500ANSIルーメン
NP2000J天吊りのリアビュー 業務用としても使える豊富な入力端子群
NP2000Jによるコーナー投影時の幾何学歪補正機能 別途ダウンロードソフトにより可能になります。
NP2000J/NP1000J用交換レンズ群 他社製品に比べてかなり安価です。
モバイル、小型PJがお出迎え 一番右のVT676Jのデザインが出色だと思います。
小型機LT380Jによる遠隔会議の実演 社内LAN、無線LANを使って遠隔地でお互いの画面を見ることが出来ます。
3板DLPシネマ機NC2500S DLPシネマ機として最高輝度23,000lm
同機のパネル部分 PCカードスロットは何に使うのか?
DLP方式リアプロ 左は70インチ、右は100インチ(50インチX4)
超高速スキャナDocumentSS USB I/Fにより置くだけで投影とファイリングが出来ます。
会場の様子です。