イベント情報



● 「東急東横線モニター見学会」

普段通勤に利用している東京急行電鉄(東急)に3回目の応募でモニターに選ばれました。
2006年6月7日、説明会および東横線元住吉駅の建設中のホーム、運転手や車掌の教習所の見学会にお邪魔をしてきました。
私自身は鉄道オタクではありませんが、滅多に行けない施設や現場に行けることを思うと「遠足の前日」のように眠れませんでした。
当日は天候に恵まれ絶好の見学日和で、選ばれた200名の内30名のモニターと一緒に東急の責任者の方からパワーポイントで今後の東急線の展開や活動等の説明を聞き その後3つの班に別れて現在工事中の東横線武蔵小杉-日吉駅間の複々線化工事現場、新しく建築中の元住吉駅のホームに向かいました。
一生に一度見られるかどうか分からない景色に一同は「おー!」「わー!」と感嘆符のついた言葉しか出てきませんでした。
新しい元住吉駅は、太陽光発電や雨水利用、オープンスペースの緑化、透光性の高い素材で節電など環境に優しい駅をコンセプトに建設されており2006年9月に完成予定です。
また暑い中説明を丁寧にする工事関係者にはプロ意識を強く感じられ、研修を真剣に行なう運転手の卵たちもとても頼もしく感じられました。(C.F)

元住吉駅、東横線武蔵小杉-日吉駅間の複々線化工事の様子
改札口 四角い所に改札機が設置され、緑化スペースも完備。 
5階建てに相当 今よりずーっと高い所に駅はできます。
駅へ伸びるエスカレーター 長いです。 
完成はまだまだ… 足場がたくさんありました。
元住吉1号踏切道 ブレーメン通り商店街
二ヶ領用水-武蔵小杉1号踏切 
横浜方面に… 線路をゆっくり歩くのは初めてでした。 
武蔵小杉方面に… 右手には関東労災病院。 
ホーム全景 白い幕は東京ドームの屋根と同じ素材だそうです。 
太陽光発電 駅では最大級の発電量で15%程をまかなう予定。
線路から こんな景色はなかなか見られません。 
線路の繋ぎ目 どこかわかりません。 
クリップ方式 最近はボルトではないそうです。 
高架 見難いですが電車が走っています。 

東急教習所の様子
室内に車両 中にはシュミュレーター、座席、吊り革もあります。  
今日から運転手 リアル「電車でGO!田園都市線版」。 
運転シュミュレーターの映像 NECのプロジェクターでハイビジョン投影。 
今日から車掌 ドアの開閉もできます。 
改札機 室内にあると不思議です1。 
研修中 改札でパスネットの販売研修。 
券売機 室内にあると不思議です2。 
清掃研修室 最近は水を高圧噴射してキレイにするそうです。 
パソコン教室 日立のリアプロ(左)とプロジェクター。 
介助の教習 サービス介助士の資格取得者が駅に配置されています。 
制御装置表示板 素人には何がなんだか… 
信号装置 京三製信号機 
検査中 安全点検中。 
運転手の鞄 懐中電灯や運行表など…秘密道具がたくさん。