イベント情報






● NEC プロジェクター特別内覧会

平成16年11月10日、NECのプロジェクター特別内覧会が港区芝浦のグランパークで開催されました。
グランパークはJR田町から5分ほどで、NECビューテクノロジー本社からも近い場所です。
さて今回の展示では未発表機は1機種のみで、他は全て発表、発売済みの製品でしたが、各プロジェクターのアプリケーションの展示として興味深いものでした。特に、無線LAN対応のDLP機LT265J、245Jを中心に高速データ転送、簡単設定、多彩なモード切替を謳った展示は注目を集めていました。無線LANによるデータ転送は802.11gも採用されていますが、会場でのタブレットPC4台からの転送には802.11bを使っていました。多少ギクシャクとした動きもありましたがgでの実力が見たかったところです。また、プロジェクターに接続したマウスから無線LAN経由でPCをコントロール出来るのも便利な機能です。更に、自分のPCの投影内容を他のPCでも表示出来る機能もあります。また、「発表者指定モード」という「先生」が一人の「生徒」を指定出来るモードもあります。このような機能は、使い方次第で面白いプレゼンが出来そうです。
また、業務用DLP機"HIGHlite12000SX+"2台スタックによる立体映像も投影されていました。これは左右の映像を2台のPCから投影するもので、各PJの前に偏光板を設置して、偏光メガネをかけて見る方法がとられていました。
以下当日の様子です。




左VT47J、右VT670J 洗練されたデザインの人気機種です。
LT245Jによる投影 短焦点DLP機で商店などでの連続投影にも最適です。
タブレットPC4台からLT265Jへ無線LAN接続 自分のPC画像を投影と同時に他のPCに表示出来ます。
同じくLT265JによるPC遠隔操作 プロジェクターに接続したマウスで無線LAN接続されたPCを制御出来ます。
ボックス型リアプロ 中にはGT5000,6000が入りますがかなり高価です。
3D投影のデモ スチュワートの3D用スクリーンに業務用機で投影していました。
その裏にはHL12000Dsx+がスタックで設置してありました。 11000ANSI X2ですがそれほどギラギラには見えませんでした。
その解説ボード 立体Expoが12月1〜3日にパシフィコ横浜で開催されるとのことです。
会場の様子です。