イベント情報






● ビジネスショーTOKYO 2004

平成16年5月11〜14日、ビジネスショーTOKYO 2004が東京ビッグサイトで開催されました。
今年は、東4〜6ホールで開催されましたが大手の電気会社の出展は全く無く、大きなブースはNTT東日本、NTTドコモ、ボーダフォンなどの情報通信会社のみでした。KDDIの出展も無く同社でも出展を見限ったのかも知れません。ましてやプレゼンツールを探しても所々のワークショップスペースに三洋のプロジェクターがぶる下がっている程度で、メーカーとしての出展は殆どありませんでした。
以前開催されていた視聴覚教育協会主催のプロジェクターの「競写」も姿を消し寂しい限りです。弊社では1998年のビジネスショーで日本で初めてオープンスペースでの比較投影会を開催したのですがその頃の賑わいが嘘の様です。
そんな訳で、今回はプレゼンツールのご紹介は殆ど無いのですが、携帯端末などの写真で会場の雰囲気をご確認ください。
以下、当日の様子です。




ドコモのブースは最も大きい ライバルのauが出ていないのが残念でした。
506iシリーズはかなり注目されていました。 これはN506i 表示部が回転します。他にD、Fも実機展示
ドコモのコンセプトモデル クレードルに地上デジタルチューナー、HDD等を内蔵して録画可能
FOMAのビジュアルコントローラー FOMAから家電のリモコン、監視等を可能にする端末
同機を使ったロボットの制御 FOMAからロボットを小気味良く動かせます。
携帯で改札をスルー モバイルSuicaのデモ ガツンと壊しはしないか気になります。
同じくimodeでコーラも買えるデモ コーラをくれるかと集まってる人が多かった。
NTT東日本の無線IP電話によるテレビ会議システム 市販のシステムよりかなり安価に構築出来ます。
ボーダフォンのブースも巨大 V801SHなどフルスペック携帯、携帯カラオケのデモもありました。
凝ったデザインのV303 他に2軸機構のV602SH、V402SHなども使いやすそうです。
Wolfvisionの天吊りビジュアライザー 下にある被写体を撮影SXGA出力出来ます。
ゼブラウィングの手書きe-ラーニング装置 多地点で音声、手書き資料のやり取りが出来ます。
リコーのブースはカラードキュメントのコーナーに ジェルジェットプリンタ−一色でした。
3Mのプレゼンルーム 同社のインタラクティブボードが設置してありました。
オゼットクリエィティブの「D.D.コンポ」 PowerPointの多目的テンプレートです。
同社の横で社員さんが販売してました。 ここだけデザインフェスタの様でした。