イベント情報






● シャープ プロジェクター新製品内見会

平成15年10月28〜29日、プロジェクター新製品内見会が、シャープ東京市ヶ谷ビルで開催されました。
今回の目玉は、DLPシアター機2機種でした。XV-Z10000の後継機XV-Z11000は先日のCEATECでも展示されていましたが、今回は実際に投影されていました。0.8インチのHD2+パネルが採用され、2ヶ所の電動アイリス機能を備え、明るさ900ANSI時でコントラスト比1700:1、450ANSI時で3200:1、そして350ANSI時に5500:1を実現しています。これはリモコンからの切換えも可能です。
また光源からの光が赤のカラーホイールを透過する時にランプ光量を増すことにより、RGB各色のバランスの良い色あいが得られています。カラーホイールは暗い緑のエリアを含む7セグメントタイプで暗部の階調を向上させています。
実際の投影映像を見た印象は、確かに赤の発色は深みのある見事なものでした。ただ、350ANSIの明るさはプラスのPIANOと同じくらいで、部屋を真っ暗にしないと見難い明るさで、白い壁などからの反射光の影響も受けそうでした。
次に、Z90の後継機はワイドパネル化された製品で、詳細については発表前なので差し控えますが、1024X576画素のDMDパネルを使い、新たにDVI-Iコネクタを装備しています。
他には、ジョイスティック感覚でレンズシフト操作の出来る「フリーマウントレンズシフト機能」を備えたデータ機およびシアター機が展示されていました。データ機は、PG-B10Sと言う型番ですが、シアター機は854X480画素という以外は明らかではありません。 また、教育市場向けに人気のあるXG-C50Xの後継機も展示されていて、こちらは3500ANSIになっていました。
以下、当日の様子です。

初めに全体の概要説明がありました。 
フリーレンズシフトのデータ機 PG-B10S 2.7kg、1200ANSI、178,000円です。
XG-C50Xの後継機、3500ANSIです。 これはモバイル機とは言えませんが
新型シアター機 XV-Z11000 コントラスト比5500:1(350ANSI時)を実現
XV-Z11000のリアパネル HDCP対応のDVI-Iコネクターを装備
XV-Z90の後継機 ZXXX 1024X576画素のワイドパネルが使われています。
同じくZXXXのリアパネル これにもDVI-Iコネクタが装備されました。
CEATECでも発表デモされていた小型シアター機 フリーマウントレンズシフト採用
曲面スクリーンへも綺麗に投影 
イメージコンバーターボックスAN-CB1 上の曲面投影などが出来ます。
メイコーの耐外光リアスクリーン 
きもとのデイラッドスクリーン 左からグレイ、ホワイト、透明のリアスクリーンサンプルです。